レトロフィットマーケティングのすすめ

 引き合いや売り上げの減少が止まらない。
創業からの技術を引き継ぎ、技も磨いているのだが、時代の変化だからしょうがない。
大規模投資を伴う新商品開発や事業見直しは出来そうにない。
そんな悩みを抱えた際は、売り方だけを最新の消費者動向に合わせて変えてみませんか?
売り方以外はレトロ(昔)のままでも、商品・サービスの本質が優れたものならばきっと消費者の目に留まり、選んで頂けるにちがいありません。

1.レトロフィットの考え方とは?

文章

2.2代目以降の経営者の状況

3.時代の変化と分析

4.レトロフィットマーケティングの適用

5.まとめ